政府は福島原発の汚染水を海洋に垂れ流すの?風評被害は避けられない!

fukushima.png



東京電力福島第1原発の処理水の処分の

リミットが迫りつつあります。

政府は海洋放出決定に向け検討を進めて

いるといいます。




処理水と言っても放射性物質トリチウムが

含まれるということで、かなりのリスクがあ

るのは分かります。




このまま行けば間違いなく海洋に放出さ

れるんでしょう。昨日、福島の漁業超が

菅総理と面会していますが、その意見

も聞き入れてくれない可能性は高いと思い

ます。




国連の人権専門家も警告しています。

汚染水は環境と人権に大きな危険を及ぼ

すため「太平洋に放出するという決定は

容認できる解決策ではない」と。



常識的に考えても、海洋放出は子将来的

な健康リスクがあるはずです。


汚染水を薄める処分をするから問題ない

と日本政府は語気を強めていますが、

果たして本当に大丈夫なのでしょうか?




福島の行業への風評被害は避けられない

と思います。

地震発生から10年が経ち、漁業関係者は

必至で耐えてきたと思います。



海洋放出してしまえば、漁業関係者は

行き場のない怒りだけが起こるでしょう。

他に方法はないのでしょうか?

これは福島だけの問題ではありません。

この記事へのコメント